Jurlique・ジュリークの口コミ…良いとこ悪いところ!

オーガニックコスメでお馴染みの[Jurlique・ジュリーク]

こんにちは、“キレイになるための情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、オーガニックコスメでお馴染み[Jurlique・ジュリーク]を取り上げたいと思います。

[Jurlique・ジュリーク]ストーリー

[Jurlique・ジュリーク]は1985年に化学・薬草学者のクライン夫妻によって南オーストラリアで生み出されたオーガニック化粧品です。

Jurliqueの名はクライン夫妻のそれぞれの名前であるJurgen(ユルゲン)とUlrike(ウルリケ)という名前を組み合わせて作られました。

日本国内にジュリーク直営ショップの第一号店は1997年に開店しています。


ジュリークの化粧品はオーガニックの自社農園で土作りから種選び、手作業による収穫、化学者としての知識をいかしてナチュラル素材のこだわりの化粧品作りが創業当時から現在まで受け継がれています。

独自製法であるバイオダイナミックブレンドで調合・配合しているのがジュリークの特徴です。

その方法は、植物ブレンドされたものを水蒸気蒸留させてエッセンシャルオイルとフローラルウォーターを抽出します。

次に数日間かけてろ過を行ない、化粧品には欠かせない重要なハーブエキスを抽出・ろ過します。

この時にエキスを抽出し終えた植物は無駄にはせず、燃やして炭からミネラル成分を取り出します。

そして最終的にエッセンシャルオイルやハーブエキス、ミネラル成分などをあわせて独自のバランスでジュリーク商品に配合を行なっています。


その植物を育てているジュリークの自社農園は、オーストラリアのアデレードにあります。

バイオダイナミック無農薬有機農法を行なっており、月のサイクルを見ながら最適なタイミングで種まきや発芽ができるように調整します。

準備された苗は秋と春の2回に分けて苗付けをし、バイオダイナミック農園有機農法で花や植物などを育てます。

それぞれの植物が最も生命力を高めているタイミングを見計らい、手作業による収穫をします。


自然のサイクルを取り入れ、全てを自然から生み出してまた自然へと還元するという、究極の循環型オーガニック農法がこのバイオダイナミック無農薬有機農法なのです。

ジュリークはオーストラリア持続農業協会NASAAに認定され、毎年更新し続けています。

ジュリークの自社農園がバイオダイナミック無農薬有機農法認証NASAAを取得したのは、21年後の2006年のことでした。


【The Jurlique Story - Seed to Skin】


ジュリークの口コミで評判のロングセラーは「ハーバルアドバンスセラムN」という美容液です。

その前身がハーバルジェルというものですが、こちらが発売されたのは1993年のことでした。

2017年には32周年を迎えます。

ジュリークは原材料の調達から販売まで、社会的取り組み、環境影響の削減などにおいてオーストラリアで3年連続評価されています。

[Jurlique・ジュリーク]ラインアップ

ジュリークにはスキンケア、ボディケア、バス・ヘアケア、エッセンシャルオイル、ギフトセットなど、口コミなどで評判となっている人気商品がたくさん揃っています。

代表的なアイテムをご紹介いたしますね。


評判となっている一番人気は、化粧水の「ハイドレーティングウォーターエッセンス」です。

こちらは1本で150ml入っており、ジュリークで初めてのボトルタイプになっています。

フォレストフローラルの香りで、アルコールフリーとなっています。

主成分はマシュマロー(アルテア根エキス)で、その保水力によってしっとりとした肌がずっと続きます。


そしてジュリークのランキングで2番目に評判となっているのが、乳液の「ニュートリディファイン ハイドレイティングエマルジョン」です。

トータルエイジングラインからアジアの気候や肌環境などを考えた上で開発されたライトなテクスチャーの新しい乳液です。

ジュリークオリジナルのナチュラルマイクロリポソーム「バイオソーム5」が肌の角質層にまで成分をしっかり届けて日中の紫外線ダメージから肌を守り、ハリや弾力のある若々しい肌を目指すことができます。


口コミなどでも人気の「ハンドクリーム」のローズは、1本で40mlです。

ジュリークの厳選された植物オイルやこだわりのハーブエキスが配合されています。

華やかなローズの香りで、肌なじみが良くてべたつかないのが特徴です。

肌荒れを保護してふっくらとした肌を保つことが期待できます。


11周年を迎えるベストセラーのメイク落としが「クレンジングローション リプレニッシング」です、

日本限定デザインは口コミでも好評となっています。

1本で200ml入っており、主成分はマシュマローです。


それから、日本人女性の肌やニーズにあわせた日本オリジナル「イントロキット」も人気となっています。

ジュリークの人気アイテムであるクレンジング・洗顔、化粧水、美容液、クリームという5つがセットになっており、ジュリークを初めて使う方や旅行先に持っていくトラベルセットとして、ギフトセットとしてプレゼントするのも良いでしょう。

メイク落としと洗顔料は30ml、化粧水・美容液・クリームはそれぞれ15mlほど入っています。


また毎年人気となっている限定品が「ローズミストバランシング」のLimited Editionです。

1本で200mlで、ローズダマスクやローズセンティフォリアが香料として配合されています。

使えば使うほど香り高くお肌が瑞々しく潤いますよ(^^♪

[Jurlique・ジュリーク]の良い口コミ!

ジュリークを実際に使ってみた人のいろんな口コミを読むことができますが、ジュリークには良い口コミがかなり多いことがわかります。


「ジュリークを使い始めてから昔から悩んでいたニキビができにくくなりました。」

「肌に優しいだけではなく、使う度に毎回香りに癒やされています。」

「肌力がアップしたような気がします。」

「ジュリークはパッケージが可愛いし、使っているとテンションが上がります。」

「以前に比べると肌荒れしにくくなりました。」

「化粧品を購入する時にカウンターで丁寧に相談してもらうことができます。安心して相談できるため、購入する時には頼りになります。」

「ジュリークはよくのびるので量をそれほど使わなくても潤いをしっかりと感じることができます。」


オーガニック化粧品ならではの自然由来の香りの良さがリラックスできると感じている方は非常に多く、使う度に優しい香りで癒やされているようです。

また、自然由来の素材を使って作られているため、敏感肌の方でも安心して使うことができるという点が好評となっています。

ボディケアローションを使っていた方の口コミでは、ジュリークを妊娠中に使っていたことで、気になる妊娠線ができなかったのでうれしかったというものもありました。

それほど保湿力の高さは抜群だとのことでしょう。

さらに、ジュリークは少し高額な気がするけれど、使いやすさで気に入ってずっと使っているという方もいます。

特にハンドクリームは一般的なハンドクリームの人工的な香りではなく、ナチュラルな本物の花や植物をかいでいるような香りなのが良いという声やつけるとすぐに浸透してもちもちとした肌になり、他のハンドクリームを使う時には気になってしまうべたつきを感じないことも好評となっています。

まだ一度も使ったことがなかった方もセットを購入したり、プレゼントされて使ってみたらとても自分にあっていて今も使い続けているという人もいらっしゃいました。

セットのものは、いろんな種類を一度にお試しできることから、お得に感じているという方も多いです。

トラベルセットのように使うこともできるため、急に外泊することになった時や外出先で肌の乾燥が気になった時に気軽に使うことができるのが良いという声もたくさんありました。

女性にはローズの香りがとても人気で、女性らしく上品な香りということで自分がプレゼントされるのもうれしいですし、誰かにプレゼントするのにも良いということでよく購入しているという方もいます。

ジュリークのあくまでも自然の素材を使うというこだわりが全体的な評判となっているようでした。

[Jurlique・ジュリーク]の悪い口コミ!

ジュリークの口コミを見ると大半は良いものでしたが、中には悪い口コミもちらほら見かけました。


「使ってみたどのアイテムかはわかりませんが、白ニキビができるようになりました。」

「ジュリークは好きな化粧品ですが、価格が高過ぎて財布には優しくないです。継続して使いたくても価格が高いことでそうすることが難しいです。」

「パッケージの使い勝手があまり良くありませんでした。オイルなどもうまく使えなかったので不便でした。」

「価格が高い割りには良い効果を感じることができませんでした。リピート使いはしないです。」

「化粧水を使った時に少しでも目に入ると激痛に襲われるほど痛いです。」

「・化粧水はアルコール不使用とのことですが、まるでアルコールのような感覚を感じました。かなりスーッとしますが、肌がピリピリとして困りました。」


ジュリークの製品を気に入っている方はとても多いですが、時々残念ながら肌にあわなかったという場合もあります。

例えば自分では気づいていなかったけれど、使われている花や植物などにアレルギーがあるという場合もありますから、使う前にはできれば、自分のアレルギーはどんなものに対して出てしまうのかということをチェックしておくと、より安心して使うことができるでしょう。

感じ方には個人差はありますが、ミスト状化粧水は保湿力が足りないように感じるという声がありました。

肌質にもよりますが、かなりの乾燥肌の場合には保湿力を十分に感じることができない場合もあるので、そういった時には何度も重ねて使ってみたり、ジュリークの他の保湿力の高いものと組み合わせて使ったほうがいいかもしれません。

また、以前あった小サイズが廃盤となってしまったため、大サイズは使用期限内に使いきることができないという声もありました。

ジュリークの大きいサイズの場合、保存状態によりますが使用頻度をかなりマメにしていないと、開封してから半年ほどで香りはとんで全くしなくなり、水分も抜けてしまうことがあるなど、劣化を感じてしまいます。

こちらの口コミは洗顔料に関してのものでしたが、やはりサイズ展開がいろいろあるほうが購入する立場としては嬉しいというのはあるでしょう。

ただ大きなサイズはお得ということもあるので、その辺のメリットも考慮しながら、使用する量や頻度を調整していくといいかもしれません。

また、ジュリークのローズの香りはかなり人気の香りではありますが、朝使って夕方になると、ローズというより植物(草)に近いような香りになってしまい、ローズの香りで包まれていたいという時には残念だという声もありました。

ナチュラル素材で作られていることゆえの香りの変化ですが、香りが少し変化したなと感じた時には薄く塗り直してみるのも良いでしょう。

まとめ

ジュリークの化粧品は、人気のオーガニックコスメであり、余計なものを一切使っていないだけに価格はそれなりといった印象を持ってる方も多いと思いますが、1000円ほどで購入できるオーガニックフレッシュハンドジェルなどもあります。

ハンドジェルは50mlほどのミニサイズなので、気軽に使ってみてはどうでしょうか。

また、ジュリークの人気商品を詰め合わせたミニボトルのギフトセットは、トラベルセットとしても使えますし、まずは試しにいろんな商品を使ってみたいという場合にもおすすめです。

このギフトセットにはクレンジング・洗顔、化粧水、美容液、クリームの5点が入っており、ジュリークが提案している4ステップスキンケアをすることができます。

せっかくジュリークをお試ししてみるのであれば、口コミなどでも好評で人気ナンバー1のクレンジングローション・リプレニッシングを使ってみるのも良いでしょう。

こちらはメイク落としで、数量限定の日本オリジナルデザインのボトルが可愛いと好評です。

天然由来の成分配合率はなんと95%以上となっており、肌が弱い方でも負担をなるべくかけない状態でメイクを落とすことができるのが魅力です。

主成分はマシュマローと呼ばれるアルテア根エキスで、保湿力も抜群です。

しかもジュリークで使用されているマシュマローは1985年創業当時からずっと遺伝子組み換えをしていないマシュマローを配合していますので安心して使うことができますし、まるで美容液でメイクを落としているような潤いを感じることができます。

それから、暑くなってくる時期に気になるのは日焼けですが、ジュリークではサンプロテクトクリームもあり、ボディと顔の両方に使うことができるのが魅力です。

SPF40、PAはプラス3で100mlとなっています。

香りはハーバルラベンダーとなっていますので、つけながらリラックスした気分を感じることができます。

オーストラリア原産の3つのスーパーフルーツベリーを配合しており、外からの刺激から肌を守る保湿美容効果があります。

そしてインカインチシードオイルは南アマゾン原産の植物油ですが、こちらはオメガ3の含有量が非常に高く、紫外線の影響を受けた肌を柔らかくして、潤いを与えるという効果があります。

しかも、サンプロテクトクリームはいつも使っている石鹸で簡単に落とせるUVエイジングケアクリームとなっています。


自然と最先端科学技術1の融合から誕生した究極の“beauty”……それが[Jurlique・ジュリーク]です。

そんな魅力いっぱいのオーガニック化粧品ですが、模倣品、偽装品が出回っています。

ご購入の際には、安心してお買い求めいただけるジュリークの公式サイトのご利用をお勧めします。

また、並行輸入品に関しては品質劣化の問題も起きてますので、どうぞお気をつけ下さいね。

尚、ジュリーク公式サイトにおいては、公式限定キットやサンプルプレゼントの特典、日本オリジナル処方の商品等も充実していて、魅力いっぱいのサイトになっています。


公式サイト

[Jurlique・ジュリーク]公式サイトはコチラへ


■LINK■